[廃盤]●ミニ専用ハイスロットルキットの特徴
アルミ削り出しボディにすることで、強度と精度を保ちながらコンパクトなサイズを実現。
これにより、インナーパイプ径Φ50という、このサイズでは限界と思われるハイスロットルキットが完成しました。

 ミニ専用ハイスロットルキットの特徴

ミニのカスタム界では、アフターキャブへの交換が定番化しています。この時、問題となるのは「ノーマルのスロットルではワイヤーを引き切れなくなる※」という症状です。4ミニのノーマルキャブレターとノーマルスロットルの組み合わせでのアクセル開度は、70°~75°に設定されています。
※Φ18-Φ28のビッグキャブに変更した場合、ノーマルのスロットルでは全開に出来ません。
代表的なキャブ全てにおいて「ミニ専用ハイスロットルキット」は、アクセル全開が可能です。つまり段階的にボアアップし、段階的にキャブサイズを変えていった場合にもこの一種類の「ミニ専用ハイスロットルキット」で対応できます。

■ 特徴
ビッグバイク用で得たノウハウをフィードバック
・フリクションを低減し軽やかな操作性
・ハンドル周りのドレスアップ効果
・アジャスタブルワイヤー(10mm調整)は5つの長さを設定
・厚み25mmのホルダーは選べるアルマイトカラー4色
■ キット内容

 ・スーパーバイクグリップ(110mmサイズ)
 ・アジャスタブルスロットルワイヤー(1本引き)
 ・樹脂インナーパイプ(Φ50)
 ・アルミスロットルホルダー