「全てのステージに対応する」と評価されるHYPERPROサスペンションの減衰性能をさらに進化させ、特に高速域での反応の良さ(入力に対する応答の早さ)を強化したスポーツグレード。「Japan spec」仕様で独自開発した日本でしか手に入らないツインショックをご堪能下さい。
 
 
軽 量 化

シリンダーチューブを従来のスチールからアルミに変更。その他の設計変更も含め、性能向上に伴い構造部品が増えたにも関わらず、大幅な軽量化を実現。
ワンウェイバルブ採用

ツインショックでは初めて伸び側減衰機構に搭載。一方通行型の機構を設けることで、「伸び」と「縮み」にメリハリをつけ、スイッチ感を向上させました。また、圧力のバランスを整えることで、よりスムースにストロークし、路面情報を瞬時にかつ正確にライダーへ伝えます。
ダブルピストン機構

メインピストンとサブピストンの2つの減衰機構を設けることで、より細かく減衰力を発生することができます。メインピストンは「伸び」「縮み」両方を、サブピストンは「縮み」に対する減衰力をシムでコントロールしています。調整ノブは手で回すことができ工具は不要です。
 
   
ハイスピードで圧縮する際は、メイン・サブピストンのシムを押して流れるオイル量が減衰力となります。   ロースピードで圧縮する際は、ニードルの隙間を通り抜けるオイル量が減衰力となり、タイヤを押しつぶす力となります。   伸びの場合のみ、ワンウェイバルブが作動し、ニードル部に流れるオイル量と、メインピストンのシムを押して流れるオイル量が減衰力となります。
 
 

ラインナップ

ストリートボックスラインナップ